警察官

【元警察官がおすすめ】1番リアルな警察漫画は「ハコヅメ」です

どうも!

ヒロタツ
ヒロタツ
元警察官のヒロタツです。

この記事では、元警察官目線で一番現実と合っている

リアルな警察漫画を語ります。

結論から

ハコヅメです。

目次
・作品詳細
・こんなとこがリアル
・こんなとこが面白い
・こんなとこが真面目
・こんな人におすすめ
・この漫画から得られる教訓
・まとめ 元警察官の主張

作品詳細

作者

泰三子(やす みこ)

・10年間の県警の警察官として勤務した後、漫画家としてデビュー。
・警察官であった頃は、交番勤務や防犯の広報などをしていた。
・広報の経験から「警察官のことをもっと知ってもらいたい」という思いがあり、漫画家として活動。

代表作

* ハコヅメ~交番女子の逆襲~
* ママポリス 警務課安全相談係 南田巡査長

受賞歴

小学館漫画賞一般向け部門を受賞。

講談社の青年誌作品として受賞するのはなんと10年ぶり

10年前に受賞したのは現在も連載中の人気漫画「宇宙兄弟

漫画の内容

警察官という仕事の大変さ、女性警察官の苦労、警察組織の異端さ、警察官の考え方、刑事の扱い、警察官の恋愛事情、疲れ切った人間の末路、人間の限界、、、

面白いギャグとともにこういったことがわかります。

こんなとこがリアル

仕事内容がリアル

・性犯罪
・ストーカー
・交通事故
・反則切符
・窃盗
職務質問
・拳銃
・刑事
・警察寮
・術科
警察学校
、、、警察の仕事を網羅しています。

そこで起こる思ってもいないハプニングや

その時の現場での気持ちが相当リアルです。

警察官は特に一瞬で状況が変わることが多々あるので

その空気感は現場を経験してきた人にしか書けない部分です。

作者の10年県警勤務をしていた経験が目に見える描写が多いです。

ヒロタツの経験

『交番あるある』

交番で談笑していたり
楽しい雰囲気だったのに

急に先輩が現場に顔色を変えて

飛び出すなんてことがよくありました。

2秒前にはみんなで笑っていたのに

いつの間にか真顔になって無線を聴き始める。

切り替えが早すぎて警察署に配属された当初は

その緩急についていけませんでした。

しかし、仕事をしていけばだんだんわかってきます。

この110番は場合によっては・・・こうなるから・・・そうなると・・・といった風に考えることができるようになり

「やばいかも」「これは大丈夫なやつかな」などといった判断ができるようになって

気がついたら『瞬間真顔』も習得していました。

そんな急展開をうまくギャグとシリアスの緩急で表現しています。

とことんリアルです。

>>>警察官の仕事内容について【元警察官が教えます】

警察官の苦労がリアル

なんといっても警察官になった人ならわかる

一般的な「忙しい」とか「寝れない」とか

「厳しい」のその先があるという経験

これはなかなか警察官の同僚意外ではわかってもらえない境地です。

夜勤明けの寝不足の体に何十回か鞭を打つと

3周くらい回って変なテンションさえ通り越した不思議な現象・・・

この1秒でも早くベッドに入りたいのに

なぜかストレスとタスクだけが

次から次へと増えていく

何回も心を折られたことでアホ?な思考になります

言葉で説明するには限界があるのでこのくらいにしておきます。

その狂ってる具合をこの漫画ではうまく表現していました。

al.jp

警察組織の感覚がリアル

こんなの無理だ。とわかっていても

表向き警察官としてはしないといけないことがあります。

ですがこれはどんな仕事でも一緒ですね

わかった上でどうやって切り抜けるか

必死になって考えたり

焦ってるのを悟られないようにしながら

時間内にやらなきゃ全てが終わるという

プレッシャーを抱えてたり

といった「本音と建前」がすごい組織ということがわかるはずです。

ここら辺もリアルに伝わる描写が散りばめられています。

こんなとこが面白い

ギャグが爽快

なんといってもこの漫画に出てくる警察官は

同じ警察官にめっちゃ口悪いのが面白いんですよ。

実際、現実でもこんな感じの人だらけなんでリアルすぎて・・・

※一般の方には丁寧な対応をしています。

「人相が悪すぎて警察官とどっちが被疑者(犯人)かわからない」とか

「ガタイ良すぎておとり捜査に向かない」とか

そういう真面目なほど面白い「警察のユーモア」が現場でも溢れてます。

これを漫画でやると相当面白い!

警察特有のギャグに何回もゲラゲラ笑いました。

警察官をしていると身につくスキル10選【元警察官が教えます】

警察官の恋愛事情

・女性警察官は合コンで警察官ということをどうにか隠す
・男性警察官は緊急で呼び出されることで女性と関係がこじれる
・結婚相手が警察官でない場合は人格者認定
・専門用語が私生活で出ると引かれると思って気をつける
・女性警察官が強くなりすぎる(一人で生きていけるようになってしまう)

これは一部ですがめちゃくちゃ現実でおきてることです笑

これ以外にも同期と付き合うと相手方の警察学校の教官から連絡きたり

警察官ってほんと恋愛の壁が半端ないですよ笑

しかしこれも漫画として客観的にみたら確かに面白いです。

こんなとこが真面目

コミカルで笑える回もあれば、シリアスでズシっとくる回もあります。

なので真面目に読んでほしい回もあります。

最初からコミカルな展開が続くので、注意しなければなりません。

いきなりのシリアス展開に息を呑みます。

それもこの漫画の魅力なのですが、さすが警察を題材にした漫画だけあり

重いテーマを扱う描写があります。

しかし、これがまた一段とリアルなので

元警察官の身からするとこの重い部分も色んな人に読んでほしいです。

特に「交通事故」「性犯罪」「ストーカー」などに関する描写は、細かく書かれています。

このようなデリケートな内容は題材にするのが難しい部分なのですが

女性警官ならではの経験から、かなり現実的な警察官の心理状態と被害者との付き合い方を描いています。

現役警察官にとってもとても勉強になる内容が満載です。

このブログでも「ぶっちゃけ」を語っていますが・・・
>>>【元警察官が教えます】警察学校ってどれくらい厳しいの?


al.jp

こんな人におすすめ

現役の警察官

非番の後の術科、緊急招集、防犯カメラ何時間もぶっ続けで見る

警察官なら「これあるわ」ということ間違いなしです

ここまで警察官の心情をうまく汲み取っていると現役警察官のなかでも流行る気がします

特に女性警察官のなかでは流行ってほしいですね。

私は首取れるくらい頷きながら
「これあったわ〜」と言いながら読んでいました。

現役の警察官は特にあるあるとして楽むことができ

警察官の彼氏彼女さんがカップルで読むのもめちゃくちゃ楽しいと思います。

全警察を目指している人

警察社会の「世間との常識とはかけ離れた環境」を面白おかしく学ぶには最適です。

この漫画を読めばわかるのですが

「こんなこと漫画の中だけでしょ」

と笑えるシーンが、現役警察官や元警察官から見ると全く笑えない現実だったりします。

ギャグに聞こえるものの警察官リアル体験なのです。

警察官の仕事についての描写も素晴らしいですが

先輩と後輩の関係や教官との関係などの

人間関係が描かれている場面は特にリアルです。

漫画と違い刑事課などの他の課との距離感はもっとありますが‥

まとめ 元警察官の感想

元警察官の目から見ても、漫画なので多少の脚色はあるものの

ほとんど警察官のリアルを描いている漫画です。

また、珍しく女性警官の目線から語られているので

特に女性警官を目指す上では参考になる部分が多いと思います。

・警察の実態があまり知られていない仕事内容
・普段知ることがない現場の警察官の考え方

未だかつてここまでリアルに表現した漫画はありませんでした。

警察について詳しくなりたい人は、知識や警察官のリアルを垣間見ることができ

現役警察官は爆笑できるのでおすすめです。

ただ一つ言えるとしたら、娘が警察官になりたいと言ったら

全力でこの漫画の一読をおすすめするでしょう。(娘いません)


それでは、ヒロタツでした。

こんな本もあるので、さらに深く警察について
知りたい方はポチってみてください

それでは、ヒロタツでした。