警察官

誰も教えてくれない?警視庁警察学校で必要な「持ち物」を教えます

どうも

ヒロタツ
ヒロタツ
元警察官のヒロタツです!

警視庁警察学校の入校を待つ方に向けての記事です。

警察学校に何持っていったらいいか

分からんだろう!(私がそうでした)

そんなあなたに

オススメというか
ないと困るレベルの「必須の持ち物」をピックアップしたので紹介します。

身なり
・ジャージ
・ユニクロ
・ノンアイロンシャツ
・銀縁メガネ
・ハンカチ
・襟付きシャツ
・ジェル
・バリカン

その他
・汗拭きシート
・カロリーメイト
・湿布
・ガムテープ
・指定のボールペン

剣道選択のみ
・ かかとサポーター

まとめ 警視庁警察学校

身なり

ジャージ

ジャージは何枚あっても困りません。

ただ、お気に入りのジャージではなく

本当に生活をするためだけのジャージを用意したほうがいいです。

なぜなら必ず名前が書いてある名札を胸に刺して行動するからです。

そのため、付け替えるたびに穴が開きます。

お気に入りのジャージはなるべく着ないようにしましょう。

動きやすいものがお勧めです。

ユニクロの服

ウルトラライトダウン、エアリズム、ヒートテック・・・

最強です。

ファッションの要素がいらない警察学校は、機能性を重視しましょう

・軽い素材であったかい防寒服
・ベタベタになるシャツの下にさらっと切れる肌着

はい、ウルトラライトダウンとエアリズムです。

下着はU首とか丸首とか指定されますので

それにあった下着を選ぶことは必須です

ユニクロの宣伝じゃないので、どこで買ってもいいのですが

警察官のユニクロ使用率は異常です。

ノンアイロンワイシャツ

これは本当にオススメ!!!

アイロンをかけなくて良いので時間を節約することになります。

特に休日はスーツで外に出ることになるので

毎回毎回アイロンをかけなければなりません。

というのも、短髪でスーツ姿の学生が5人で行動するところを見ると

近隣の方は警察学校の学生だと言うことにすぐに気が付きます

そこで服装が乱れていたりイメージにそぐわない行動をしていると

すぐに警察学校に連絡が行くのでアイロンをするようにも指導が降ります。
(そういう暇な人もいるよね・・・)

ノンアイロンシャツじゃないと、この手間が本当にめんどくさい!

ノンアイロンのシャツを買っておくだけで非常に重宝します。

色は白がベターです。

銀縁のメガネ

特に指定はされていないのですが、学校に着いて具体的な説明を受けているときにメガネは銀縁の眼鏡を勧められます。

警察学校で教官や助教がオススメをすると言う事は

=義務

と言うことですので守らなければ

「人の指示を守らない人」と言うことに認識をされます

なので銀縁の眼鏡を買っておいた方が良いでしょう。

コンタクトをつけている人も、そのうちめんどくさくなって

走る時以外は眼鏡をかけるようになります。

なので先に買っておくことをおすすめします。

警察学校の近くに「武蔵境駅」がありますので

武蔵境駅
イトーヨーカドー内の富士メガネ

というメガネ屋さんで作ってもらえます。

ハンカチ

警察学校の中ではほとんど走っている状況になると思います。

特に夏になると、走るたびに着替えたシャツが汗で濡れたり額から汗が垂れながら出てくることがよくあります。

授業が始まる前にハンカチで額を吹いている様子がよく見られるので

おそらく学校側から指定された持ち物の中にも入っていると思われますが

普段ハンカチを持たない人も、必ず警察学校ではハンカチをポケットに入れておいた方がいいです。

汗だけではなく他のいろいろな状況にも対応できるためハンカチは重宝します

また、教練という授業で「白色のハンカチ」でないといけない

などのルールがありましたので紹介しておきます。

襟付きのシャツ

これはスーツのワイシャツとは別に私服の襟付きワイシャツを持っていたほうがいいと言う意味です。

私服を着て外出をする事は最初のうちはなかなか機会がありませんが、後半になっていくにつれ私服で外出をする許可が得られるようになります。

その時に襟がない服は着用できないというルールになっていて、華美な服装等は正門で止められますので

必ずシンプルな私服襟付きのものを用意しておく必要があります。

ちなみにボトムスについてはチノパンなどが推奨されます。

私の時は黒色のスキニージーンズでも問題ありませんでした。

ジェル

教練という授業があるので、その時に髪にジェルを塗りたくって整髪をします。

髪が整えられてないといけないのでべちゃべちゃにします。

べちゃべちゃです。(大事なので2回言った)

その時にワックスではいけないので、必ずジェルを購入しなければならないと言う規則があります。

そのため先にジェルを購入しておくことをお勧めします

ちなみに、私が使っていたのはこれでした

バリカン

散髪ができなかったときの最終手段になります。

髪は男の場合

「横と後ろ2ミリ、上2センチ」

と言う変な規則があるため、休日に必ず髪を切らなければいけません。

しかし、警察学校の学生が全員で押し掛けるので、近くの散髪屋はいつも混んでいます。

なので最終手段として自分で刈り取ると言うことを考えた方がいいです。

ハサミで2ミリは切れないのでバリカンをお勧めします。

こちら電気シェーバーも兼ねるバリカンとして優秀なので参考にしてください。


その他

汗拭きシート

朝に走るのに、シャワーに入る暇はありません。

汗拭きシートの貸し借りが盛んに行われるので先に買っておくことをオススメします。

夏はシーブリーズが人気でしたが、においがキツイと教場内のにおい気持ち悪くなるので、桃の香りなどは避けるといいです。

汗と桃の香りのハーモニーはほんと勘弁して欲しかった‥(実体験)

無香料がオススメ

カロリーメイト

18時に夕食です。

運動量が多いのでその後にお腹が空きます。

売店がありますが、行っていいと言われるまで使えません。

お菓子や菓子パンなどは教場によっては禁止されることもあるので、カロリーメイトがベターです。

警察学校近くのウェルシアで買えます。

湿布

逮捕術の授業、剣道柔道、毎日ランニング、教場トレーニンング・・・

在学中に必ず一回は怪我することになります。

休日にならないと、すぐに病院にはいけません。

健康・保険係と言う係が医療用バックを持っていますが

いつでも湿布をくれるわけではありません。

自分自身で持っておくことをオススメします。

ガムテープ

よく使います。

落としてはいけないネジを止めたり、紐を止めたり

今は言っていることがわからないと思いますが、警察学校ですぐにわかります。

指定のボールペン

ジェットストリームのボールペン

指定のボールペンで書類を書くことになります。

私の時はジェットストリームでした。

自分で持ってきたボールペンを使わなかった記憶があります。

今も変わっていないと思います。

剣道選択者のみ

剣道のかかとサポーター

剣道の選択者は初心者が多いと思いますが、初心者には剣道で必要なものが分かりません。

有段者に聞くのが1番いいです。

1番最初に踏み込みの練習をしたときに、ありえないほど足が痛くなりますので

先にかかとサポーターだけでも持っておくことをおすすめします。

これは警察学校に限らず警察署に配属されてからも勤務に支障が出ないように

かかとをガードしておくことが必要になるため、警察学校を卒業した後でも使うことになります。

早めに買っておくことといいでしょう。

・靴下のように履くもの
・マジックテープで止まるもの

がありますが

私は、靴下のように履くものを使っていて

履いたり脱いだりが不便だったので、マジックテープをオススメします。

以上、紹介しました

まとめ 警視庁警察学校のルール

「なぜそうなのかよくわからない」という中で

指定されたことを守っておくことは

警察官をする上で大事なことです。

なぜなら、規則に反抗する人は組織の活動ができないと認識されるからです。

色々と変なルールがありますが、それ自体に意味がなくても

警察学校は卒業すること自体に意味があります。

そして、最後にこれは言っておきたいのです。

警察学校も慣れると結構楽しいからね

こんな本もあるのでさらに深く知りたい方はポチってみてください

それでは、ヒロタツでした。