警察官

自転車を盗まれたら警察ですること教えます【元警察官の経験から】

どうも!

ヒロタツ
ヒロタツ
元警察官のヒロタツです

この記事では

自転車がなくなったんだけど、どうやら盗まれたらしい

という方に向け

自転車を盗まれたらどうすればいいの?

という疑問に答えていきます。

結論

自転車を盗まれたら、被害届を出しましょう。

とはいえ、いきなり被害届なんていきなりいわれても不安ですよね。

一度も交番や警察署に行ったことがなかったりすると、警察というだけで少し怖いかもしれません。

しかし、そんな方に言わせていただきます。

被害届めちゃくちゃ簡単です!
あと自転車の被害届とかめっちゃ来ますからね、恥ずかしくもないですよ!

ただ、「流れを把握していれば更にスムーズになるのに」と

警察官をしているときに何度も思っていました。

なので今回は被害届の流れについて説明します。

目次
・被害届の前に
・被害届の作成
・被害届の書き方
・被害届の前に確認すること
・まとめ 自転車窃盗は多い

被害届の前に

防犯登録

まず、防犯登録がないと警察官が自転車を探せません。

なので、交番や警察署に行く前に防犯登録の番号を用意します。

自転車購入時にもらった紙です。(携帯などで写真に撮ったものでも大丈夫です。)

防犯登録の番号さえあれば被害届は取れます。

それを持って被害現場から近い交番か警察署に行きます。

絶対に「被害があった管轄の交番や警察署」に届け出るというルールはありません。

しかし、被害届を受理した警察署は被害届を被害現場の管轄である警察署に送らなければなりません。

そうなると交番にいる警察官に早く情報が行き渡らないため、できるだけ被害現場から近い交番や警察署に届け出ましょう。

被害届の作成

被害届は交番や警察署に行くと警察官が被害者に事情聴取しその場で代書をしてもらえます。

なので被害者が警察官の聞きたい事をわかっていないとスムーズに進見ません。

被害届を作るときに警察官が知りたい情報は以下の通りです。

態様

いつ

・最後に自転車を見たのは?
・なくなったことに気がついたのは?

どこで

・自転車を置いていた場所は?

誰が

・確認したのは自分なのか?

何をして

・仕事をしている間だったのか?遊んでいる間だったのか?

どうした

・自分がなくなっていることに気がついたのか?

大事なとこ

・最後に見たとき、自転車の鍵をかけたか?

自転車に鍵をかけてなくて盗まれたということも正直に話しましょう。

「私の防犯意識が足りていない」と言っているようなものなので少し恥ずかしいですが

被害届に嘘をかくと「虚偽申告」になるので

警察官に質問された時は正直に話しましょう。

自転車の特徴

どんな形?

・マウンテンバイク、ママチャリ、ロードバイクなど・・・

何色か?

・全体の色

どんな鍵か?

・ボタン式やダイヤル式など

メーカーはどこか?

・シールが付いているなど

時価総額

・買った時から計算してどれくらいの価値があるか?高額か? (厳密でなくていい)

あらかじめ自転車の写真を撮っておいたりするとスムーズに手続きができます。

自転車の写真を撮ってあるなんてまれですが、、、

警察からの連絡を待つ

自転車泥棒が盗んでいった場合は、警察官が犯人を捕まえた後

どこかに放置されていたのを警察官が発見したときも警察から連絡をします

受け取るときは簡単に書類にサインするだけで返ってきます。

被害届の前に確認すること

自転車がなくなったときに最初に1つだけ確認してほしいのが自転車が撤去されていないか

「撤去されていました・・・」というのが意外と多いので注意が必要です。

その場合被害届の取り下げることになります。

もし被害届を取り下げていないとします。

その自転車を乗っているときに警察官に職務質問をされた場合

一時的にですが、盗んだ自転車を乗っているという扱いになってしまいます。

そして理由を説明した後もめちゃくちゃ調べられます。

毎回自転車の窃盗犯に間違われる事は気持ちがいいものではないと思います。

被害届の取り下げはやっておきましょう。

まとめ 自転車を盗まれたら被害届

実は、ヒロタツも警察官になる前に自転車を盗まれたことがあります。

当時、中学生。

鍵をかけずに自転車を放置していたため盗まれました。

関西弁の優しい警察官に正直に話して被害届をとってもらった記憶があります。

警察官になった時に、あまりに多い自転車の窃盗の被害届を処理し思ったのが

「自転車に鍵かけてないってなんやねん!防犯意識低すぎ!」
(中学生の自分を戒めた)

つまり、何が言いたいかというと

鍵はかけ忘れないように。

でも、盗まれたら迷わず被害届出しにいきましょう!

ということ。

以上、自転車の盗まれた時にすることをお伝えしました。

それでは、ヒロタツでした!